本文へスキップ

2012年11月5日開業

電話でのお問い合わせは03-5637-9388

午前診療:受付時間12:00まで
午後診療:受付時間19:30まで

 

      

コロナウイルス感染者の方へFor those who are Infected with Covid-19

●1.新型コロナウイルス陽性の方・濃厚接触者の方に有用なリンク
1. 墨田区-新型コロナウイルス陽性と診断された方・濃厚接触者の方へ
2. 厚生労働省-新型コロナウイルスの感染が疑われる人がいる場合の家庭内での注意事項
3. 厚生労働省-ご家族に新型コロナウイルス感染が疑われる場合 家庭内でご注意いただきたいこと
4. 厚生労働省-新型コロナウイルスの消毒・除菌方法について

●2.ラゲブリオ処方に必要な書類
1.ラゲブリオ説明書・同意書

●3.For those who are diagnosed as Corona Virus Positive
1.Health Status Self Reporting System to Local Government Health Care Center (My HER-SYS)
2. If you feel you are in an emergency.....(Contact Numbers).
3. Tokyo Metropolitan Government COVID-19 Information Web site.
4. National Government, Ministry of Health, Labour and Wellfare- COVID-19 Multilingual Guide.

●4.コロナウイルス陽性と診断された方へ
1.保健所への登録
保健所への登録は、診断した医療機関行います。
保健所へコロナウイルス感染者として登録されていないと、万が一症状が悪化したときなどに治療開始や入院に時間がかかったり、費用が余計にかかったりする可能性がありますので、必ず登録が必要になります。

2.療養期間および療養場所
〇無症状の場合

期間:
 検査を行った日から7日間まで外出不可(8日目から通常生活)
 ただし、10日目までは毎日検温等行い異変があれば連絡。
 連絡先は、診断した医療機関またはうちさぽ東京
 松浦内科:03−5637−9388
 うちさぽ東京:0120−670−440
〇軽症の場合
期間:
 最低限、発症日(症状出現した日)+10日間まで外出不可
 さらに3日以上無症状であることを確認出来たら療養解除
 (例:10日目に無症状となったら、12日目まで。13日目解除)
 10日間の医学的根拠:
 ・重症化する方は発症5-10日目に多い
 (例:感冒様症状は2-3日で改善したが、7日目に突然高熱となり救命救急センターに運び込まれた)。
 ・健康な方が感染した場合、11日目以降で人-人感染の事例がない。
療養場所:
 東京都は原則宿泊療養施設での療養を推奨しています。
 ただし、以下に該当する方は自宅療養でも問題ありません。
 独居
 同居者全員が陽性
 (高齢者など)高リスクの同居者と家庭内で隔離可能 など
 家庭内にうつしては困る方がいる場合は宿泊をお勧めします。
 主治医と相談して宿泊療養すると決めた場合は以下の番号にご自分で電話をして申込を行います。入所当日、迎えの車が来て入所となります。
 「東京都宿泊療養申込窓口」03−5320−5997
〇中等症以上の場合
 保健所による直接の健康管理
 在宅での酸素濃縮装置の設置
 訪問診療専門医療機関による診療 などを行うこととなります。
〇重症の場合
 入院となります

3.同居者やマスクなしで長時間会話するなど接した方は濃厚接触者です。
  濃厚接触者は、感染者と接しなくなってから7日間隔離を要します。
  同居家族の方は、家庭内隔離ができていれば隔離した日の翌日から7日間の外出自粛を要します。
  濃厚接触者で症状が出現したら保健所に報告しますのでご相談下さい。
 (保健所に報告して、感染者と認められれば費用負担なく必要な治療を受けられるようになります)

4.健康観察
〇保健所による健康観察
第6波では、ご本人と保健所をつなぐネットワークシステムが構築されており、このシステムを通して毎日熱や症状を報告していただくと、異常があった場合に保健所に通知されます(My HER-SYS)。
正確に入力しないと症状に異常が発生していることが保健所に伝わらない事態が発生してしまいます。正確に入力をお願いいたします。

症状の報告方法は2つあります。
ショートメール 毎日スマホにメールが送られてきて、症状を入力返信します。スマホの操作に不安がなければ入力は早いです。
健康コール   毎日ご自分で登録用電話番号に電話をかけていただき、番号を入力することにより症状を報告します。スマホが不得意な方でも簡単に使用できます。

〇医療機関による健康観察
第5波では保健所の業務が逼迫し、自宅療養者に連絡がつく前にお亡くなりになった方が発生しました。
第6波では、保健所とともに診断・保健所へ感染者報告をした医療機関も保健所とともに健康観察を行うように改められました。医療機関からも2-3日毎に電話が来ます。電話が来ましたら症状をお教えください。
松浦内科クリニックからは以下の番号から電話が来る可能性があります
メイン回線 03−5637−9388
メイン回線が混雑の時 FAX回線03−5809−7172,7733

5.治療について
〇コロナワクチン未接種・重症化因子あり・発症後5-7日以内・軽症から中等症・酸素投与無しの方
 上記全てに該当する方は、中和抗体治療の対象になる可能性があります。
 感染を診断した医療機関で重症度を判定し、中和抗体薬を使用した方が良いと診断されたかたは以下の電話番号へご相談頂きます。
 東京都 中和抗体薬治療コールセンター 03−5320−5909
 担当医が必要と診断しても、保健所が再度判定を行い、使用できないと判定されることもあります。
重症化因子あり・発症後5日以内の方
 上記に該当する方は、内服薬の治療対象になります。
 内服薬は、短期間で緊急承認されたため、これから未知の副作用が発見される場合があります。また、妊娠中のかたは内服できないなど女性の方への注意点もあります。これらの理由から、以下のリンクの同意書をお読みになり、リスクとベネフィットをご理解いただき、同意書にサインを頂いた場合のみ処方をしても良い医薬品として認可されました。
 すでに当院で診察を行っている方で、処方ご希望の方は、下記リンクからPDFファイルをダウンロードし、サインを行って、メールかファックスで松浦内科クリニックまでお送りください。
 当院で診察を行っていない方は、まず診察を行い、医師の医師の診断を受ける必要があります。
1.ラゲブリオ説明書・同意書

6.自宅療養者が知っておくと良い電話番号
〇緊急時 呼吸困難・ぼーっとする・動くのがつらい・食事ものどが通らないなど緊急時 - 間違いでもかまいません 119番!!
〇救急車を呼ぶべきなのか迷うとき 救急相談センター #7119
(救急車を呼ぶべきかどうか、医師・看護師が相談に乗ってくれます)

〇緊急ではないと思うが、症状等について気になるとき
押上駅前松浦内科クリニック
 03−5637−9388
墨田区発熱・コロナ相談センター
 03−5608−1443
うちさぽ東京
 0120−670−440
 うちさぽ東京ホームページ
東京都自宅療養者フォローアップセンター
 050−3629−9140(墨田区民がかける番号)
                  
〇買物に行けないが、食料がなくなりそうなど生活一般の相談のとき
 0570−070−060
 うちさぽ東京ホームページ


Matsuura Medical Clinic,
Oshiage押上駅前・松浦内科クリニック

〒131-0045
東京都墨田区押上1-11-5 
菅野ビル1階
TEL: 03-5637-9388 (営業時間のみ)
(営業日9:00-12:00, 13:30-19:30)

eMail(予約のキャンセル連絡先)
cancel@matsuura-medical-clinic.org

eMail(通常のご連絡):
online@matsuura-medical-clinic.org

         

ナビゲーション